ねこ撃退を行って居心地の良い場所にさせない

subpage01

頻繁に野良ねこの出入りがあって他の家よりも集まってくるといった状況の場合、ねこにとって居心地がいい条件がそろっているため散歩コースにされて住み着かれている可能性があるので、ねこ撃退対策を行って被害が拡大しないようにしなければなりません。



ねこは犬など危害を加えられる可能性があるペットがいないところや人通りが少ない、庭に芝生や柔らかい土あるいは砂などが豊富で排便しやすい環境が整っているところエサを得ることができる場所などを好んで集まってくるようになるため、これらの状況を変えてねこが過ごしにくく危険だと感じるようにすることがねこ撃退につながります。
あまり費用をかけないでねこ撃退を行うなら庭にとげとげした植物を植える方法があって、バラやヒイラギにサボテンなどを育てると長期的に効果が続きますが庭全面に植えるわけにはいかないので、ねこが歩きにくくなる砂利を敷き詰めたるか松ぼっくりなども有効性が期待できます。



設備を整えてしっかりねこ撃退をしたいならセンサー感知式の装置を設置すると良く、散水機や警戒音を出す装置などから超音波発生装置などがありますから、庭の状況にあわせて選ぶようにすると良いでしょう。

ねこの中にも鈍いタイプがいて気にせずに入ってくるものもいますが、そうしたねこにはホースで水をかけるなどして危険な場所だと覚えさせるようにすると良いです。



直接たたいてケガを負わせるようなグッズを利用することは虐待として罰せられてしまう可能性があるので、優しく追い出せる対策をとりましょう。