永代供養墓を選択する人が増えてきました

永代供養墓とは、寺院や霊園が子孫などに代わりお墓の管理や供養を行ってくれるというお墓の事です。

寺院や霊園が存続する限り、お墓の管理や供養は続けられますから安心です。
少子高齢化や核家族化などで、先祖代々のお墓の面倒をみる人が減少した現代日本ではとてもありがたい契約といえるでしょう。


基本的な永代供養墓は合祀型のお墓で、他の人のお骨と一緒に納骨されてあとから改葬などの理由で個別に取り出す事ができません。
そのかわり、いつ子孫が絶えて取り壊されるかわからない一般のお墓に比べると安心感があります。

供養も年に数回合同で行われる場合が多く、春彼岸、お盆、秋彼岸の三回は欠かさずに行われるところがほとんどです。屋外型の永代供養墓では、納骨スペースの上に仏像などを置き礼拝場所とするところが多い様です。

屋内型では、納骨堂を中心に礼拝所やその他の施設を一緒にした所が一般的な様です。

ターゲットに応じたOKWaveのお得情報を公開します。

最近の傾向としては、一度個別の骨壺で安置した後に他のお骨と一緒にされる場合や、最初から個別の骨壺で安置し続けるという契約もある様です。

また、代供養用の個別のお墓を用意したところや、一般のお墓をつくって入り、継承していく子孫が絶えたところで寺院や霊園に管理、供養を引き継いでもらうという便利な契約もあるようです。



永代供養墓を子孫がいない人が契約する場合は、寺院などと良く話し合って契約の細部にいたるまで確認しておく必要があります。

契約書は目立つ場所に保管して、信頼のおける人にお願いしておくのが良いでしょう。

あなたに合った永代供養墓の情報がてんこ盛りのサイトです。