永代供養とはどんなお墓か

永代供養とは、複数の人と同じお墓に入り、お墓参りをしてくれる人がいなくても、お寺が責任を持って供養を永年に渡ってしてくれるという形式のお墓です。

費用は10~100万円ですが、平均では30~50万円くらいです。

それ以外は一切費用はかかりません。



ただし生前から申し込みをする場合には、会費などがかかる場合があります。

永代供養を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

どのような人が利用するのかというと、親族のお墓には長男が入ることになっていて、自分は二男だからお墓がないという場合には、通常新たにお墓を作るのでしょうが、最近では、お墓にそんなお金をかけたくないという人は、この永代供養を利用する人もいます。


また独身で、両親のお墓に入らない場合にも、利用する人はいることでしょう。
また、先祖代々お付き合いしているお寺との付き合いをやめたい場合や、故郷にあるお墓を引き上げたいという場合に永代供養を利用する場合もあるようです。


その場合には、今までのお寺のある市町村役場で、改葬許可申請書をもらい、永代供養のお寺から使用許可証をもらい、今までの市町村役場で改葬許可証を発行してもらう必要があります。納骨後、お寺はお彼岸やお盆に合同ですが、毎年供養をしてくれます。

NAVERまとめの情報がわかりやすく紹介されています。

お寺によっては、年に一回だけ供養する場合や、毎月供養する場合など様々です。費用の内訳は、供養料、納骨のお布施、刻字料などがメインです。
夫婦二人で申し込む場合には、1体だけの場合よりも割安料金になるなど、お寺によって様々です。