自然葬という内容をご存じでしょうか

自然葬と聞いて、ご存じの方は少ないかも知れません。
一般的な墓を作り、その中に遺骨を埋葬する方法とは異なる1つの埋葬方法です。

一般的に良く知られているのは、海に散骨するという方法になります。



この場合、遺骨を粉砕して粉砕した粉を船で沖合に移動して散骨する方法です。
しかし、海で散骨してしまった場合お墓参りという習慣は基本的に考えられなくなって来ます。

そういう方の為に、自然葬という形で私有地ではない自然の中に散骨するという方法が最近では出来ています。

例えば、散骨を目的とした場所を業者が作成します。

言うなれば、公園という感じです。


その場所を、自然葬の出来る場所として散骨希望者を募る訳です。
散骨を希望している方は、業者に申し込みをして粉砕した遺骨を公園の様な埋葬地に散骨する訳です。

そういう形の自然葬が、首都圏を中心に今は出来上がってきています。

wikipediaについて説明致します。

誰でも、狭い墓石の下で眠らされると思うと少し首を傾げるでしょう。

それなら、自然の中に遺骨を巻いて貰い自然と一体になって眠りたい。そう思うのは、人間の本性なのでは無いでしょうか。

自然葬の有益な情報の紹介です。

そう言う意味で、自然葬を希望する場合は、散骨が可能なエリアを作りいつでも遺族が墓参りできるというスタンスの土地を所有する業者に頼むのが最善と言えます。

自然の中で眠る親族に逢いに行き、自分も癒されるといった素晴らしい埋葬方法はこれなのです。

新しい埋葬法ではありますが、奇抜という訳では無く選択しの1つとしても最適ではないでしょうか。