正しく知りたい樹木葬のこと

高齢化社会に突入し、現在の日本では総人口の多くの割合を高齢者が占めています。

そんな中、自分が生きているうちに死後の葬儀や埋葬について考えて手続きを始めておく、「終活」を行う人々も増えてきています。

従来の家族制度が崩壊し、核家族化が進んでいる近年では、より個人の意見が尊重されやすい社会となり、葬儀や埋葬の方法についてもニーズに合わせて様々な新しい形の方法が登場し、注目を集めています。

Weblio辞書情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

樹木葬はそのような新しい形の埋葬方法の一つです。

1999年に岩手県のお寺で行われた後、全国の様々なお寺で実施されるようになりました。

樹木葬は墓地として認可された場所に故人のお骨を埋葬し、その上に墓碑の代わりとして樹木を植えるお墓の形です。

海に撒く散骨と似ているものの、樹木葬を行う場合は墓地として地域住民や行政の許可を得た土地でしか行うことができません。

そのため、樹木葬を行う際には、行うことのできるお寺や墓地を探しておくことが必要です。



手つかずの自然のなかに埋葬され、故人が埋葬された後も動植物がいきいきと生活する山として残されていく墓地であることから、自分の死後は自然に還りたいという故人の遺志や、自然の中に故人の魂を感じたいと考える遺族の想いを実現することができます。

また、墓石を必要としないため、埋葬にかかる経費を節約できるほか、自然環境にも優しいお墓の形であると言えるでしょう。

樹木葬が行われる墓地は、その埋葬を行っているお寺が管理することになるため、従来の先祖代々のお墓のように後継者による相続の必要がなく、お墓の後継者がいないという場合でも安心して利用することができるのも大きな魅力の一つです。

樹木葬の情報を公開しているサイトです。